HOME > キャリア教育 > キャリア教育2017 > 第1回久徴セレンディピティ

第1回久徴セレンディピティ

~セレンディピティとは~

ふとした偶然の出会いからひらめきを得て、もともと探してはいなかった何かを発見したり、つかみ取ることや能力(元になる童話の意味からすれば)

偶然と洞察力がもたらす幸運

 

img_1776

今年度、初の試みで、平成29年11月18日(土)に1.2年生の希望者を対象として「第1回久徴セレンディピティ」を開催しました。
第1回目の講師に外務省国連企画調整課にお勤めの山本真太郎氏をお招きし、「国連職員という夢~センター数学14点から、世界へ~」と題して講演していただきました。
山本氏は本校51期の卒業生で大学で学びながら、海外留学や海外ボランティアにも積極的に取り組まれ、大学卒業後は国際NGOにお勤めになりました。
様々な災害支援に従事されたのち、その国際経験を生かして、外務省に転職され、今年、JPO派遣制度に合格されました。
来年からは国連機関UN-HABITATでお仕事をされるご予定という経歴をお持ちの方です。

 

努力を続けてこられ、高校時代の夢を叶えられた山本氏のお話は、参加した生徒たちにとって、良い刺激になったと思います。

 

講師の方に次に講演していただける方を紹介してもらい、リレー形式で今後も継続的に実施していく予定です。

 

カテゴリー: キャリア教育2017, 最新ニュース   個別表示

コメントは受け付けていません。