HOME > お知らせ > 久徴園の草花(8月)2017

久徴園の草花(8月)2017

久徴園の草花(8月)を紹介します。

img_0795

ノカンゾウ

『ノカンゾウ』

花が一重のものをノカンゾウといって、野にある野生種という意味
(平田植物園めぐりより抜粋)

ヤブカンゾウ

ヤブカンゾウ

 

 

 

 

 

『ヤブカンゾウ』

花が八重のものをヤブカンゾウといって、ノカンゾウ(上写真)より、より民家に近い薮に生えているという意味
(平田植物園めぐりより抜粋)

 

 

img_0799

キスゲ(ユウスゲ)

 

 

 

『キスゲ(ユウスゲ)』

キスゲ(ユウスゲ)は名前のとおり夕方咲いて翌日の午前中にしぼみます。
(平田植物園めぐりより抜粋)

 

 

 

img_6835

ヒオウギ

img_0854

ナツズイセン

img_6920

フシグロスイセン

img_0883

イヌビワ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『イヌビワ』

別名コイチジク
果実は秋には熟し食べられます。久徴園のあちらこちらにあります。

ミツバウツギ

ミツバウツギの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下の画像をクリックしてください。

 

img_0784

トンボ

img_0821

サンインマイマイ

ワレモコウ

ワレモコウ

 

カテゴリー: お知らせ, 久徴園   個別表示

コメントは受け付けていません。