HOME > お知らせ > 久徴園の草花3月(2018)

久徴園の草花3月(2018)

久徴園の草花3月を紹介します。

img_3297

イズモコバイモ(出雲小貝母)

 

穏やかな春の日差しをうけ、今年もイズモコバイモが咲きました。
足下を見るとオオイタビの実があちらこちらに落ちていました。

画像をクリックしてご覧ください。

 

s-dscf2276

オオイタビの実

s-dscf2283

ヤマアイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ヤマアイ】
山に生える藍で、昔は染料使いました。タデアイと違って藍色のインジゴは含んでいないため、緑色に染まったといいます。葉の表面がテカテカしている草で、枝頂から穂を出し、花火状に小さな花をつけます。(平田植物園めぐりより抜粋)

 

s-img_3626

ユキワリイチゲ

 

 

 

 

【ユキワリイチゲ】
花びらに見えるのは実は萼片で花弁はありません。(平田植物園めぐりより抜粋)
心地よい春の日差しを受けて、満開です。

 

 

 

s-img_3622

ミヤマカタバミ

s-img_3582

ヒサカキ

s-img_3579

トサミズキ

s-img_3607

ワカクサアオイ

s-img_3595

キャラボク

img_2968

ゲンカイツツジ

 

カテゴリー: お知らせ, 久徴園   個別表示

コメントは受け付けていません。