HOME > お知らせ > 久徴園の草花(7月)2018

久徴園の草花(7月)2018

久徴園の草花(7月)を紹介します。

今月はニッコウキスゲ(ゼンテイカ)から紹介します。
画像はクリックすると拡大できます。

s-img_6295

ニッコウキスゲ

 ユリ科の多年草で北海道中北部以北の草原に生育しています。特に尾瀬の湿原に生育するものは有名で写真や映像でよく紹介され、春のミズバショウとともに夏の尾瀬を代表のする風景です。しかしこの仲間の花は一日でしぼんでしまうので同じように見えても日々異なる花が咲いているのです。久徴園入口の池で見られますが、仲間が久徴会館下にも植えられておりヤブカンゾウ、ノカンゾウ、ユウスゲとありますが、現在はノカンゾウ、今後ユウスゲの開花が見られます。また、正面玄関にも園芸種が見られます。猛暑の夏ですが、朝の涼しいうちに観察してみてはいかがでしょうか。(y)


s-img_5978

ノカンゾウ

s-img_5996

ヤブカンゾウ



s-img_5981

ニガクサ

s-img_5985

ウツボグサ

 

 

 


s-img_6240

ヒメウズキズイセン

s-img_6244

クサフジウツギ



s-img_6245

ネジバナ

s-img_6292

カワラナデシコ



s-img_6294

キツネノカミソリ

s-img_6299

エゾミソハギ



s-img_6254

アジサイ

s-img_6008

アジサイ

s-img_5975

スモモ

s-img_5974


s-img_6288

ヘグロトンボ

s-img_6011

オオシオカラトンボ

 

カテゴリー: お知らせ, 久徴園   個別表示

コメントは受け付けていません。