HOME > 部活動 > 部活動2016 > 野球部員、こども野球教室で名コーチ

野球部員、こども野球教室で名コーチ

2月5日(日)16:00~17:30 本校体育館で

「高校野球部員が教えるこども野球教室」 (島根県高等学校野球連盟主催) があり、出雲市内の園児    (年長組:5・6歳児)約30名が、野球を体験しました。

まず、出雲高校の野球部員が、この日のために考えた野球体操(準備体操)で、体をほぐしました。

次に、野球で必要な動作のデモンストレーションがありました。

昨年夏の甲子園に出場した、2人のピッチャー(原君・加藤君)が園児の前で投球を披露しました。
ボールがグローブに収まる強烈な音が体育館内に響き渡るたびに、園児そして引率保護者から驚きの声があがりました。

ボールを捕る、投げる、バットで打つ、打った後に走るという一連の流れを野球部員が披露した後、いよいよ園児たちの番です。

野球部員の手作りバット(新聞紙のバット)、やテニスラケットを使い、打つ楽しさを体験しました。
「ナイスバッティング」と、あちらこちらから、掛け声が聞こえてきました。

 

最後はティーボールミニゲームをし、園児たちは、気持ちの良い汗をかいていました。

投げたり、打ったりという野球の面白さを存分に体験し、「おもしろかった。またやりたい」と保護者に報告する、園児の姿が印象に残りました。
保護者から、「また、企画してほしい」という声も聞きました。

今回参加した園児たちが、10年後、高校生として野球のユニホームを着て活躍する姿を楽しみにしています。

 

 

カテゴリー: 部活動, 部活動2016   個別表示

コメントは受け付けていません。