HOME > 部活動 > 部活動2016 > 日本藻類学会にポスター発表をしました

日本藻類学会にポスター発表をしました

自然科学部生物班が、3月23日(木)~25日(土)にかけて高知大学で行われた、
日本藻類学会(準国際学会)第41回大会にポスター発表の部で発表してきました。

今回、Tetraedoriella real money online casino  regularis 、Teturaeduriera  jovetii の2種類について、世界で初めて、
多様な形に変形することを報告しました。

 また、遊走子で増殖することなど、そのライフサイクルも報告することができました。

 多くの大学の先生方が、藻類学の様々な分野の視点から多くの助言をいただきました。

 今、本校は、これ以外の黄緑藻も単離培養中で、これらをクローン培養し、同じく冷態変化、ライフサイクルを調べます。
そして、島根大学で名前を同定していただき、筑波大学へ送って、DNA解析を行ってもらう予定です。すでに3種類の黄緑藻について、筑波大学へ送付しました。
これからもそのような研究に力を注いでいきたいと考えています。

dscn0296

 

ポスターの前で、島根大学 大谷修司教授と一緒に写る
自然科学部生物班の生徒

 

 

dscn0293

カテゴリー: 部活動, 部活動2016   個別表示

コメントは受け付けていません。