HOME > お知らせ > 三木拓也選手パラリンピック日本代表おめでとうございます。

三木拓也選手パラリンピック日本代表おめでとうございます。

8月9日 14:00 出雲高校59期卒業の三木拓也選手が出雲高校に来校されました。

三木拓也選手より、久徴会会長(卒業生会名称)、校長にパラリンピック出場の報告がありました。

 

【久徴会会長より三木拓也選手へ激励の言葉】

三木拓也選手と久徴会会長

三木拓也選手と久徴会会長

4年後に創立100周年を迎える出雲高校の歴史に残る業績だと思います。出雲高校を卒業した3万3千人余りの久徴会の皆が三木選手を注目し、活躍を期待しています。

 

【校長より三木拓也選手へ激励の言葉】 

 本校の生徒に、大きな希望と勇気を与えてくれました。出雲高校挙げて応援しています。夢に向かって思いっきりプレーしてきて欲しい。

 

 

出雲高校の生徒たちから祝福ほ拍手を受ける三木選手

出雲高校の生徒たちから祝福の拍手を受ける三木選手

山高ポーズで気合を入れる三木選手

山高ポーズで気合を入れる三木選手

生徒会執行部より、出雲高校の生徒たちが寄せ書きをした旗を、贈呈しました。

三木選手に生徒会執行部より寄せ書きの旗を贈呈

三木選手に生徒会執行部より寄せ書きの旗を贈呈

CIMG0950

生徒たちからの寄せ書きの旗

幸運のマツボックリを三木選手に渡しました。

幸運のマツボックリを三木選手に渡しました。

出雲高校久徴園に植えてある、大王松(ダイオウショウ)の球果(マツボックリ)は、出雲高校の生徒・教職員から、『幸運のマツボックリ』と呼ばれています。このマツボックリで勝利を手にして欲しいと、新聞部の生徒が、三木選手に託しました。

 

 

【三木拓也選手から出雲高校の生徒たちへ】

 自分ができるレベルを、選んでしまうと、そこから先は進めない。厳しい環境のほうが成長できる。

 ストレスや、つらいと思うことを乗り越えることで、人とは違う景色を見ることができる。

 自分にとって、ハードルが高いかなと思うことを、選んで頑張っておくと、10年後の人生が必ず変わる。

 周りに流されて行動するのではなく、自分の考えをきちんと持って行動する。

 高校生のうちに、色々なことを学び、自分の将来にどう生かすか考えながら行動してほしい。

新聞部の生徒からインタビューを受ける三木選手

新聞部の生徒からインタビューを受ける三木選手

 

 お忙しい中、ありがとうございました。三木拓也選手の活躍を応援しています。

(パラリンピックは、9月9日開会です。三木拓也選手は車いすテニスに出場されます。)

 

 

 

 

 

カテゴリー: お知らせ   個別表示

コメントは受け付けていません。