HOME > お知らせ > 久徴園の草花(5月)2017

久徴園の草花(5月)2017

久徴園の草花(5月)を紹介します。

img_9023

ミズバショウの葉と葉の間から顔を覗かせるモリアオガエル

 

しまねレッドデータブック(絶滅の恐れのある野生生物)で「準絶滅危惧」の指定を受けているモリアオガエルが今年も姿を見せてくれました。雨が降ると元気に大合唱です。

 

 

 

img_8983

ヒトツバタゴ(別名ナンジャモンジャ)

 

 

日本では愛知、岐阜、対馬だけに自生する珍木です。小さな比較的地味な純白の花が美しい樹木です。(平田植物園めぐりより抜粋)

 

 

 

img_8866

チョウジソウ

 

 

しまねレッドデータブック(絶滅の恐れのある野生生物)で絶滅危惧Ⅰ類に指定を受けているチョウジソウが、今年も可憐に咲いていました。

 

 

 

img_8905

ダイセンオダマキ

 

 

ヤマオダマキとオダマキの雑種です。オダマキというのは、花の形が昔使っていた機織りの糸巻き(おだまき)に似ているところから名付けられました。(平田植物園めぐりより抜粋)

 

 

 

 

 

 花の写真をクリックして、一枚一枚、ご覧ください。

 バラ

 

ウツギ

 

 

 

 

久徴園を彩る草花(5月)

 

 

カテゴリー: お知らせ, 久徴園, 地域の皆さんへ   個別表示

コメントは受け付けていません。