HOME > お知らせ > 久徴園の草花8月(2019)

久徴園の草花8月(2019)

8月は、開花時期を見逃したのか、久徴園内を散策してもなかなか草花に出会えませんでした。
その中でひときわ目を惹いたのが朱色の花、フシグロセンノウ(ナデシコ科センノウ属)です。
久徴園の草花8月はフシグロセンノウから紹介します。
画像はクリックすると拡大できます。

%e3%83%95%e3%82%b7%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%8e%e3%82%a6

フシグロセンノウ

【フシグロセンノウ】
山地の木陰に生える多年草で、和名の「節黒仙翁/フシグロセンノウ」は、茎の節が黒く、京都嵯峨の仙翁寺に由来するそうです。
久徴園入口から少し入った足下に咲いています。(a)

 

 


%e3%82%ab%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%9f%e3%83%8e

カクレミノ

【カクレミノ(ウコギ科)】
海岸近くに多く生育するカクレミノ。名前は葉を蓑(みの)に見立てたもので、花もじっくり見ないと、気付かないほど素朴ですが、よく見ると綺麗です。
この時期はハチが好み、秋にはヒヨドリが果実を好んで食べます。(a)


s-img_9736

ハマナデシコ

s-img_9741

オトギリソウ

s-img_9742

マンリョウ



s-img_9751

ハカタカラクサ

s-img_9853

ナツズイセン

s-img_9862

ノシラン

s-img_9875

タカサゴユリ

s-img_9882

ヤブラン

%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%83%9f%e3%82%ba%e3%83%92%e3%82%ad

キンミズヒキ

%e3%82%b2%e3%83%b3%e3%83%8e%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%82%b3

ゲンノショウコ

%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%83%8a%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%83%9e

サラシナショウマ

s-img_9830

メタセコイア

s-img_9859

ウド

s-img_9879

アワフキ(エゾヒメハギ)



久徴園の草花に涼を求めた昆虫たち

s-img_9789

カラスアゲハ

s-img_9814

ハグロトンボ

s-img_9824-1

アブラゼミ

s-img_9857

カテゴリー: お知らせ, 久徴園   個別表示

コメントは受け付けていません。