HOME > SSH・SGH > SSH・SGH2016 > 「地域創生に向けた高校生からの提案」(平成28年度)

「地域創生に向けた高校生からの提案」(平成28年度)

DSC02702 DSC02691 DSC02695

 

 

 

 7月25日(月)、本校3年生59人が出雲市役所を訪れ、地域創生に向けた将来の施策について、出雲市職員の方と意見交換しました。
参加した生徒は、昨年度の「課題研究」において、島根県や出雲市といった地域を題材とした研究テーマを設定し、半年かけて研究活動に取り組んできました。
今年度に入り、その研究成果を政策提案という形でアレンジし、この日の意見交換に向けて準備を重ねてきました。
 この日は、以下のカテゴリーに分かれて、それぞれ4グループが発表し、出雲市職員の方と意見交換を行いました。

※意見交換の内容(各カテゴリーの課題研究テーマ)
<カテゴリーⅠ>地方財政
・島根県に「人」を増やすには?
・ゆるキャラで財政を再建する
・プラスチック率のリサイクル率を高くするには?
<カテゴリーⅡ>出雲の魅力化
・出雲市に宿泊してもらうには?
・観光地として見た出雲大社
・婚活で出雲をPR
<カテゴリーⅢ>地域産業
・日本の和菓子をもっと海外で食べてもらうには?
・アジアに出雲の魅力を伝えるには
・天然染料を使った染色法をどのように後世に伝えていくか
<カテゴリーⅣ>教育
・出雲市を愛せる心をつくるために
・コンパニオンプランツの知名度を上げよう
・雑草教育

 この日のディスカッションで得られた知見をもとに、資料を再構成し、翌日26日に出雲市副市長に向けて政策提案を行います。

カテゴリー: SSH・SGH, SSH・SGH2016   個別表示

コメントは受け付けていません。