HOME > SSH・SGH > SSH・SGH2017 > 島根大学におけるグローバルセッション(2日目)

島根大学におけるグローバルセッション(2日目)

 7月28日(金)、前日に引き続いて「島根大学におけるグローバルセッション」の2日目を行いました。
この日は、1学期の間、隔週で2時間ずつ行われてきた学校設定科目「SG探究」において準備してきた英語プレゼンテーションを行う本番の日です。

 島根大学からはネイティブの英語の教員および留学生の方に来ていただき、本校生徒の発表を聞いていただきました。
各グループ8分の発表の後、島根大学教員と留学生の方からたくさんの質問をいただき、英語でディスカッションを行いました。

 どのグループも、これまで何度もリハーサルを行い、準備を重ねてきた成果が表れ、今までで最も良いプレゼンテーションができました。
英語による質問に対しては、うまく表現できず困ってしまう場面も見られましたが、それぞれが何とか相手に自分の思いを伝えようと、様々な工夫を凝らしていました。

 午後からは島根大学国際交流センターの青晴海先生から「島根大学でできる海外留学」と題して講義をしていただきました。生徒の関心も高く、全員が真剣なまなざしで説明に耳を傾けていました。

 2日間の「グローバル・セッション」をもってこれまで3年間行ってきた探究的学習の総まとめを行うことができました。
これまでの学習で得たことを今後の進路選択やキャリア形成に生かしてほしいものです。

dsc03169 dsc03171 dsc03195 dsc03206 dsc03210

カテゴリー: SSH・SGH, SSH・SGH2017   個別表示

コメントは受け付けていません。