HOME > 部活動 > 体育部 > 弓道部2018

弓道部2018

弓道部2018の紹介

出雲高校弓道部は、男女とも団体で全国制覇の実績のある名門です。「至誠が弓神を呼ぶ」をモットーに、男女あわせて32名で、弓道場にてほぼ毎日、厳しく・楽しく練習しています。
目標はインターハイ男女団体制覇です。また、この目標に向かって努力することを通じた人間的成長も目的のひとつです。

弓道部2018の活動結果

大会名等
第26回中国高等学校弓道新人大会
開催地
鳥取県立武道館弓道場(米子市)
開催日
11月16日~18日
大会規模
中国大会
成績等

【個人競技 女子の部】(8射)
石飛 5中
安田 6中
桐原 4中
藤井 6中 → 第8位(同中競射の結果)
吉田 7中 → 第5位(同中競射の結果)

【個人競技 男子の部】(8射)
岡  5中
山根 2中

【団体競技 女子の部】(石飛、安田、桐原、吉田)
予選(24射18中)→ 通過
決勝トーナメント(12射)
1回戦 10-5 鳥取西
準々決 11-7 広島文教
準決勝 10-7 柳井
決 勝 8-10 倉吉西  第2位

【団体競技 男子の部】(豊田、岡、山根、宇津)
予選(24射15中)→ 通過
決勝トーナメント(12射)
1回戦 8-7 美鈴が丘
準々決 11-10 境総合
準決勝 10-9 倉吉西
決 勝 7-8 下松工業  第2位

備考/コメント

団体戦は男女とも2位という非常に悔しい結果となりました。
12月の全国選抜大会は、万全の準備をし、悔いのない試合にしたいと思います。

大会名等
平成30年度島根県高校弓道選手権大会
開催地
出雲高校弓道場
開催日
10月27日~28日
大会規模
島根県内大会
成績等

【女子の部】
<団体戦>
予選 30中(36射)
決勝リーグ 4勝0敗 39中(48射) → 優勝(2年連続14回目)
※中国新人大会(11月16~18日)と全国選抜大会(12月24~26日)出場権獲得

<個人戦>
優勝 桐原みなみ
2位 安田 温佳
※中国新人大会・全国選抜大会出場権獲得

4位 吉田 綾
ベスト12 藤井万奈帆、石飛小晴
※中国新人大会出場権獲得

【男子の部】
<団体戦>
予選 25中(36射)
決勝リーグ 4勝0敗 37中(48射) → 優勝(3年ぶり8回目)
※中国新人大会と全国選抜大会出場権獲得

<個人戦>
2位 岡 瑞葵
※中国新人大会・全国選抜大会出場権獲得

備考/コメント

弓道の県選手権大会は、団体上位6校・個人上位12名が中国新人大会、団体優勝校・個人上位2名が全国選抜大会への出場権を獲得するという、新チーム体制最大の大会です。今年度は、8年ぶりに出雲高校が大会会場となりました。ホームの地の利もあり、ひとまずの目標であった男女団体優勝を勝ち取ることができました。選手も大変頑張りましたが、出場機会に恵まれなかった2年生・1年生が補助員として献身的な姿勢で大会運営に貢献してくれました。
ここをスタート地点と考え、中国新人大会・全国選抜大会に向け精進していきたいと思います。

大会名等
第73回 国民体育大会弓道競技会
開催地
敦賀市総合運動公園(福井県)
開催日
9月30日~10月2日
大会規模
全国
成績等

出場者:川本選手(大田高校)・月森選手(大田高校)・西田選手(出雲高校)
※出雲高校からは少年女子の選手として1名参加

【近的の部】24射7中 → 予選通過ならず
【遠的の部】合計53点 → 第1位(上位8チームの同率優勝)

島根県勢としては、昭和45年の第23回大会(成年男子近的)以来、48年ぶり
少年女子としては、昭和41年の第21回大会(少年女子近的)以来、52年ぶり
遠的競技としては、島根県初の優勝となりました

備考/コメント

台風の中で、会期の日程変更があり、近的・遠的とも各自4矢1回、合計12射の的中・得点で、上位8チームを決定後、8チームの同率1位とすることとなりました。また、会場での公開練習が中止となったため、大変苦しいコンディション調整が必要でした。
選手たちは、ルール変更にも前向きに受け止め、近的予選敗退から切り替えて、遠的上位8チームに滑り込み、同率1位に輝きました。
実際は近的・遠的とも決して本調子ではなく、日程・ルール変更の影響によるラッキーな面もあったのですが、島根の弓道に大きな意味のある成果をもたらすことができました。
3年生は県総体以降4ヶ月もの間、よく頑張りました!

大会名等
第16回 黒萩古今杯12県盟友高等学校弓道錬成大会
開催地
山口県維新公園弓道場
開催日
9月16日~17日
大会規模
成績等

<第1日目>
女子の部 団体戦 優勝
男子の部 団体戦 3位

<第2日目>
男女ともトーナメント1回戦敗退
(ベスト16)

備考/コメント

西日本各県の高校弓道の伝統校・強豪校が集う大会です。1日目・2日目と異なる形式で大会が行われますが、1日目の女子優勝は14年ぶりでした。男子も第3位とまずまずの好成績でした。
しかし、続く2日目は、出場したすべてのチームが1回戦敗退。課題も残る大会となりました。

大会名等
平成30年度島根県弓道新人東部地区大会( 兼第26回中国高校弓道新人大会島根県個人予選)
開催地
松江商業高校弓道場
開催日
9月15日
大会規模
県東部地区
成績等

出雲高校の結果
<女子の部>
団体戦 優勝(石飛、安田、桐原、吉田)
個人戦 優勝 吉田綾  3位 石飛小晴

<男子の部>
団体戦 優勝(豊田、宇津、岡、田中、山根)
個人戦 優勝 山根大河

吉田、山根は中国新人大会(11 月16 日~18日:鳥取県米子市)への出場権獲得

備考/コメント

弓道の県新人戦は東部・西部の地区に分散して開催され、
個人戦の優勝者・準優勝者に中国新人大会の出場権が与えられます。

大会名等
第73回国民体育大会中国ブロック大会
開催地
山口県弓道場(維新百年記念公園)
開催日
平成30年8月25日(土)~26日(日)
大会規模
中国五県
成績等

出雲高校からは少年女子の部に1名出場
【遠的競技】1位
【近的競技】4位
【総合成績】2位
9月30日より福井県敦賀市でおこなわれる本国体への出場権獲得

備考/コメント

国体中国ブロック大会は、上位2県が本国体への出場権を獲得できます。本校からは1名が少年女子島根県代表として選出されました(正選手としては3年ぶり)。結果、総合2位となり、島根県少年女子は4年ぶりの本国体出場権を得ることができました。
約一ヶ月後の本国体で、よい波に乗れるよう、しっかり調整したいと思います!

大会名等
第61回中国高等学校弓道選手権大会
開催地
島根県 カミアリーナ
開催日
平成30年6月22日(金)~24日(日)
大会規模
中国五県
成績等

【団体戦】
男子団体 決勝トーナメント進出(優勝校 鳥取県 倉吉西高校に敗れる)
女子団体 予選敗退
【個人戦】
男子 3年生 三島選手
女子 3年生 西田選手
ともに入賞ならず。

備考/コメント

地元カミアリーナでの開催にたくさんの応援ありがとうございました。1,2年生も補助員として大活躍しました。最後まで清掃する姿に出雲高校弓道部の伝統を受け継ぐ気概を感じました。3年生から受け継いだ伝統を1,2年生が未来へ引き継ぎます。また、開会式後の「矢渡し」も射手 島田さん 介添 三島くん、田中くんの3名が立派に成し遂げました。

大会名等
第56回島根県高等学校総合体育大会
開催地
島根県立大田高等学校 弓道場
開催日
平成30年5月31日(木)~6月2日(土)
大会規模
島根県内大会
成績等

【団体戦】
男子団体 4位
女子団体 2位

備考/コメント

応援ありがとうございました。

大会等
第61回中国高等学校弓道選手権大会
開催地
島根県立大田高等学校 弓道場
開催日
平成30年4月21日(土)~22日(日)
大会規模
 島根県内大会
成績等

【団体戦】
男子団体、女子団体ともに決勝トーナメントにて2位
【個人戦】
男子 3年生 三島選手 5位
女子 3年生 西田選手 4位

以上が6月22日(金)~カミアリーナにて行われる
中国大会への出場権を獲得しました。
総体に向けても部員一同精進していきますので
応援よろしくお願いします。 

備考/コメント

カテゴリー: 体育部, 部活動, 部活動2018   個別表示

コメントは受け付けていません。