HOME > 部活動 > 体育部 > 柔道部2020

柔道部2020

出雲高校柔道部とは!

男子1人、女子2人で活動しています。少人数のため、主に近隣の高校への出稽古を中心に活動しています。本校で練習する時は、技の入り方、掛け方、相手の崩し方などの基本練習を中心に行い、また試合が近い時には対戦相手を想定した動きや技を部員同士で話し合いながら作戦を練ります。出稽古では、練習してきた技を試す場として、部員1人1人が考えながら取り組んでいます。
また、県内や県外の強豪校、大学、関西、関東にも遠征に行きます。

大会へ向けた抱負

部員全員の全国大会出場、そして入賞!

年間計画

柔道部2020年度年間計画(PDF)

活動結果

大会名等
全国高等学校柔道選手権大会島根県予選
開催地
島根県立石見武道館
開催日
12月19日
大会規模
成績等

個人戦  女子 57kg級 伊野 第2位

準決勝 伊野(出雲)○ ― ▲ 石畑(松高専)

決勝  伊野(出雲)▲ ― ○ 小幡(出雲西)

備考/コメント

 初戦、緊張で動きが固く、思うように技がつながらない。組み手で圧倒し、相手から指導を奪うと気持ちが楽になったか絶妙のタイミングで内股一本勝ち。決勝戦は新人戦と同じく全日本強化の小幡選手。前回は組む間もなく投げられたので、組み手のスピードと技の受け、そしてそこからの寝技を強化してきた。序盤、速い組み手から自身の右手を抑えられ、背負投で技有を奪われる。中盤相手の奥襟を掴み、不用意な背負投を潰して寝技へ持ち込むチャンスがあったが、耐えられて「待て」。最後は組負けたところに背負投に入られて一本負け。本人は「練習してきたことが出せなかった。」と振り返るが、チャンスはあったので、その精度を上げ、次こそは雪辱を果たしたい。

大会等
第52回 島根県高等学校新人柔道大会
開催地
島根県立武道館
開催日
10月24日(土)
大会規模
成績等

57kg級 第2位
   準決勝 伊野(出雲)○ ― ▲ 中尾(明誠)
              (反則勝)
   決勝  伊野(出雲)▲ ― ○ 小幡(出雲西)
              (合わせ技)

備考/コメント

準決勝戦は練習してきた成果が出せ、相手に攻める隙を与えず、指導3による一本勝ち。決勝戦は前回大会と同じ相手。気合い十分で臨んだが、組み手を制せられて背負投を防ぎきれず、技有を2つ取られて一本負け。次回は全国選手権予選。やるべきことを徹底してできるよう、鍛え直したい。


カテゴリー: 体育部, 部活動, 部活動2020   個別表示

コメントは受け付けていません。