HOME > お知らせ > 夏期休業後の学校教育活動における感染症対策について

夏期休業後の学校教育活動における感染症対策について

 晩夏の候、保護者のみなさまには益々ご清祥のこととお喜び申しあげます。平素より本校の教育活動にご支援、ご協力を賜り誠にありがとうございます。
 7月以降、全国的に新型コロナウイルス感染症が急拡大しており、若年者への感染の広がり・家庭内感染の増加といった新たな傾向も見られるようになっております。本日より2学期が始まりますが、下記の点に留意して感染症対策をしていただくよう、家庭でもご指導ください。よろしくお願いいたします。

 
 1 毎朝の検温と記録、風邪症状の確認等を徹底してください。

 2 発熱や体調不良などがみられた場合は、学校に連絡し、決して登校しないようにして
   ください。

 3 授業や部活動等の学校生活において、飛沫感染のみならず接触感染のリスクを避ける
   ため、基本的な感染防止対策(手洗い、マスク着用)の再徹底を図ってください。

 4 下記に記載の県教委から送られてきた資料を活用し、家庭でできる感染予防の対策の徹底を
   図ってください。

 なお、学園祭等の学校行事においては、通常の活動単位を超えた活動、長時間にわたる密集した活動等により感染拡大リスクが高まることを踏まえ、準備段階から当日に至るまで、外部者の入場制限や競技種目の精選等、特に感染防止対策を徹底して実施予定であることをご理解ください。

・ 県教委からの資料 (PDF)

 

カテゴリー: お知らせ, 保護者の皆さんへ   個別表示

コメントは受け付けていません。