HOME > お知らせ > 久徴園の草花5月(2018)

久徴園の草花5月(2018)

久徴園(5月)は、たくさんの花が咲いています。
久徴会館にあがる坂脇に咲いた、サンショウバラから紹介します。

s-img_4909

サンショウバラ

s-img_4568

サンショウバラのつぼみ

 

 

 

 

 


【サンショウバラ】
バラ科バラ属の落葉小高木で5mぐらいになるそうです。名前のとおりサンショウのような小葉に分かれており、茎に棘のあるのもそっくりです。園芸用に広く栽培されていますが、産地はハコネバラとよばれるように神奈川県と静岡県の県境、箱根付近にしか自生しないめずらしい種です。花は薄ピンク色ではかなげな印象ですが、開花の時期も極めて短く注意していないと時期を逃してしまいます。今年の開花は5月中旬でしたが例年は5月下旬でしょうか。久徴会館にあがる坂脇に植えられています。毎年サンショウバラの開花を見逃さないような心の余裕をもって生活したいものです。(y)


s-img_5084

シモクレン

 

【シモクレン】
少し暖かくなった春に大きな紫色の花を上向きに半開きにつけ、「紫木蓮」ともいいます。モクレンは、春の暖かい陽ざしを南から受けて蕾の南側がよく成長して膨れるため、先端が北側を指します。そこで、指示植物とか、コンパスプラント、磁石の木などといわれたります。(平田植物園めぐりより抜粋)


s-img_4685

オダマキ

s-img_4688

オダマキ

s-img_4841

ヤマオダマキ

 

 

 

 

 


 

s-img_4594

ナニワイバラ

s-img_4819

ノイバラ

s-img_5071

バラ

 

 

 

 

 

 

 


s-img_4904

オヘビイチゴ

s-img_4892

ヘビイチゴ

 

 

 

 

 


s-img_5096

マルバウツギ

s-img_4647

ハコネウツキ

s-img_4775

バイカウツキ

 

 

 

 

 

 

 


s-img_4786

エゴノキ

s-img_4675

ドイツスズラン

s-img_4881

フタリシズカ

 

 

 

 


s-img_4657

ハナイバナ

s-img_4701

リュウキンカ

s-img_4718

ピラカンサ

 

 

 

 


s-img_4713

アヤメ

s-img_4728

シャリンバイ

s-img_4776

ノアザミ

 

 

 


img_3858

リュウキュウツツジ

s-img_4734

クルメツツジ

s-img_5171

アスチルベ

s-img_4633

ヒメコウゾ

 

 

 

 

s-img_4709

 

 


 

s-img_4676 s-img_4591 


s-img_4902 s-img_4890 s-img_4888

カテゴリー: お知らせ, 久徴園   個別表示

コメントは受け付けていません。