HOME > お知らせ > 創立百周年記念事業「大正天皇お手植えの松」モニュメントが玄関に設置されました

創立百周年記念事業「大正天皇お手植えの松」モニュメントが玄関に設置されました

「大正天皇お手植えの松」モニュメントが完成

 10月9日(金)出雲高校創立百周年記念事業の一つとして製作した「大正天皇お手植えの松」モニュメントが完成し、玄関に設置されました。

 皆さま、お越しの際には、ぜひ触れてみてください。

 由来については説明看板を設置します。

 10月17日(土)の久徴園散策会で改めて披露することになっています。

「大正天皇お手植えの松」のモニュメント

 

「大正天皇お手植えの松」由来の説明

%e5%a4%a7%e6%ad%a3%e5%a4%a9%e7%9a%87%e3%81%8a%e6%89%8b%e6%a4%8d%e3%81%88%e3%81%ae%e6%9d%bea5m

「大正天皇お手植えの松」由来の説明(画像はクリックすると拡大できます)

 

 

大正天皇お手植え松の伐採(2014年7月28日)HP掲載記事[再掲]

 明治40年5月27日、当時皇太子であった大正天皇が記念植樹されたお手植え松は、107年に渡って出雲高校を見守ってきましたが、老齢化により樹勢を失い、倒木の危険性もあることから、誠に残念ながら伐採という決断をせざるを得ませんでした。

 たくさんの思い出が刻まれたこのお手植え松は、いずれ、形を変えて皆さんの前にご披露させていただきますので、しばらくお待ちください。

カテゴリー: お知らせ, 保護者の皆さんへ, 卒業生の皆さんへ, 在校生の皆さんへ, 地域の皆さんへ, 百周年記念   個別表示

コメントは受け付けていません。