HOME > 久徴園 > 久徴園の草花11月(2019)

久徴園の草花11月(2019)

晩秋の久徴園は、楓などの落葉樹が、赤や黄色の様々な衣を日々まとい、見る者を楽しませてくれています。
画像はクリックすると拡大できます。
%e7%b4%85%e8%91%89%ef%bc%92s-img_0638 s-img_0614

久徴園山頂からは北山の紅葉も楽しめます。
紅葉の様子は久徴園の紅葉12/5撮影でご覧ください。

久徴園の草花(11月)は楕円形で黒紫色の果実をたくさん付けているイヌガシ(クスノキ科 シロダモ属)から紹介します。

%e3%82%a4%e3%83%8c%e3%82%ac%e3%82%b7

イヌガシ

s-img_4022

イヌガシの花

【イヌガシ(クスノキ科 シロダモ属)】
県内にも自生している樹木で、久徴園入口にも2株見ることができます。
雌雄別株で、3-4月には赤い花が集まって咲きます。
葉が同じクスノキ科のシロダモに非常に似ますが、シロダモの葉先は長く伸びるので、花や果実のない時期でも見分けることができます。


%e3%82%aa%e3%82%ac%e3%82%bf%e3%83%9e%e3%83%8e%e3%82%ad%e3%81%ae%e5%ae%9f

オガタマノキの実

s-img_5816

オガタマノキの花

【オガタマノキ(モクレン科オガタマノキ属)】
オガタマノキは、温暖な地方の山地に自生するモクレン科の樹木です。
神社の境内や庭にも植えられる常緑高木で、2-4月には、香りの強い花を咲かせます。
和名のオガタマノキは招霊(おきたま)の転化したもので、神事にも使われる樹木です。


いろいろな実を見つけました。

s-img_0617

シナヒイラギモチ

%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%83%a8%e3%82%a6%e3%83%92%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%ae

セイヨウヒイラギ

s-img_0580

サルトリイバラ



%e3%83%8e%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%a9

ノイバラ

s-img_0542

アキグミ

%e3%82%aa%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%93

オオイタビ



各種キクが満開です。


s-img_0540

イソギク

s-img_0562

ハナイソギク

s-img_0573

サツマノギク



s-img_0575

コンギク

s-img_0584

ノコンギク

s-img_0585

リュウノウギク



s-img_0586

ノジギク

%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%82%ba%e3%83%aa%e3%83%8e%e3%82%b8%e3%82%ae%e3%82%af

アシズリノジギク

%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%81%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%82%ae%e3%82%af

オッタチカンギク



s-img_0650

アツバキミガヨラン

s-img_0660

ツバキ

s-img_0643

ヒサカキ



%e3%83%a8%e3%82%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%8e%e3%82%ad

ヨコグラノキ

【ヨコグラノキ】
牧野富太郎が高知県の横倉山で見つけたもので「横倉の木」「横倉」ともいいます。
隠岐では、「えいのき」といって、材をくさびや良質の炭の材料に使用されていました。(平田植物園めぐりより抜粋)


 

 

カテゴリー: 久徴園   個別表示

コメントは受け付けていません。