HOME > 久徴園 > 久徴園の草花10月(2020)

久徴園の草花10月(2020)

 毎月、久徴園の草花を紹介する際に冊子「平田植物園めぐり」を参考にします。この「平田植物園めぐり」は、平田植物園で植栽されている草花を随筆あり、コラムあり、写真ありと盛りたくさんの内容で紹介しています。

 このたび出雲高校創立100周年の記念として「平田植物園めぐり」の新訂版が完成しました。皆さまにはPDF化でき次第、HP上て紹介できたらと思っています。もうしばらくお待ちください。

 さて、前ぶりが長くなりましたが、久徴園の草花(10月)は、葉っぱをかじったら、胃の調子が良くなった気がする「アキチョウジ」から紹介します。

 【すべての画像はクリックすると拡大できます。拡大してご覧ください】

img_2941

アキチョウジ(秋丁字)

【アキチョウジ(シソ科)】

 山地の日陰(岐阜県以西、四国、九州)に自生する多年草です。花が秋に咲き、横向きに丁の字に咲くというので「秋丁字」と名づけられています。また、このアキチョウジに似た花で、小形で筒も短いものにヒキオコシ( 別名、エンメイソウ) というのがあります。葉に苦味があり、起死回生の効力があるというのでヒキオコシ( 引起) といいます。エンメイソウ( 延命草)も同じ意味からついたものでしょう。胃に良い薬草として知られています。現在久徴園では、出雲の奥地に自生しているやサンインヒキオコシ( 山陰引起)の花も見られます。(a)

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%92%e3%82%ad%e3%82%aa%e3%82%b3%e3%82%b7

サンインヒキオコシ(山陰引起)



img_2775

ビナンカズラ

img_2779

キンモクセイ

img_2781

ショウキズイセン

img_2789

ヒイラギナンテン

img_2850

アキノキリンソウ

img_2913

ツワブキ

img_2727

ミヤギノハギ

img_2732

シロバナハギ

img_2762

ハギ

img_2749

センニンソウ

img_2884

ノコンギク

img_2906

サラシナショウマ

img_2754

ムクゲ

img_2853

フジバカマ

img_2857

ランタナ

img_2883

ダルマギク

img_2895

ミゾソバ

img_2859

ハゼノキ

img_2867

ツルドクダミ

img_2881

クロガネモチ

img_2742

カラタチ



img_2747

イヌツゲの周りを飛んでいるオオスズメバチ

img_2758

ナガボノシロワレモコウにとまるキアゲハ



img_2969

紅葉が日々目を楽しませてくれています

%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%a2%e3%81%ae%e8%8a%b1%e3%81%ae%e5%be%8c

春に咲き誇っていたバイモも、今のバイモも趣があります



img_2812

生物の授業で植物園の草花を生徒に説明中

カテゴリー: 久徴園   個別表示

コメントは受け付けていません。