HOME > 久徴園 > 久徴園の草花11月(2020)

久徴園の草花11月(2020)

 11月とは思えない程の暑い日があったり、木枯らしが吹き荒れる日もあったりと、急激な温度差に、日々の服に迷うときもありましたが、久徴園の草花は着々と晩秋に衣替えをしました。(画像はクリックすると拡大できます。拡大してご覧ください)

img_3061

カイノキ

img_3078

メタセコイア



img_3137 img_3142 img_3159


久徴園の草花11月は、かわいらしい紫の実をつけたムラサキシキブから紹介します。

%e3%83%a0%e3%83%a9%e3%82%b5%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%82%ad%e3%83%96

ムラサキシキブ

【ムラサキシキブ シソ科】
 山地に普通に見られ、人の背丈ほどの落葉樹です。秋に3mm ほどの紫の実が熟すことから「紫式部」の名前をつけたものでしょう。この綺麗な実は葉が散ってからも残っています。初夏には、紫の花弁と黄色の葯とのコントラストが見事な花をつけます。

%e3%83%a4%e3%83%96%e3%83%a0%e3%83%a9%e3%82%b5%e3%82%ad

ヤブムラサキ

また、ムラサキシキブによく似たヤブムラサキも久徴園では見ることができます。こちらは、葉や茎全体に短毛が多く、ビロードのような非常に柔らかい手触りが特徴です。(a)


img_2980

カラスザンショウ

img_2992

シナノガキ

img_2994

ラクウショウ

img_3009

アキグミ

img_3033

ヒサカキ

img_3034

クロガネモチ

img_3035

センリョウ

img_3143

マンリョウ

img_3144

マサキ

img_3147

ウメモドキ

img_3160

ハマヒサカキ

%e3%82%bd%e3%83%a8%e3%82%b4

ソヨゴ

img_3069

ビワ

%e3%83%84%e3%83%ab%e3%82%bd%e3%83%90

ツルソバ



久徴園の庭園はこの時期、各種のキクが咲き誇っています。

%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%82%a6%e3%83%8e%e3%82%a6%e3%82%ae%e3%82%af

リュウノウギク

%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%81%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%82%ae%e3%82%af

オッタチカンギク



img_3027

ハナイソギク

%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%82%ae%e3%82%af

イソギク



img_3060

ノコンギク

img_3051

ノジギク



%e3%83%8f%e3%83%9e%e3%82%ae%e3%82%af

ハマキク

 ハマキクの葉に注目してください!(画像をクリックしたら拡大できます)
 他のキクの葉と比べて肉厚なのが分かります。ハマキクは浜辺に咲く種類のキクです。久徴園は浜辺?と思われた方もいらっしゃると思いますが、もともと、この土地は浜だったのではといわれています。私たちが生まれる前の太古の久徴園を想像すると、何かもっと珍しい草花に出会えそうな予感がします。


 久徴園はいつでも見学可能です。
あらかじめ連絡をいただけると、久徴園管理者(青木)がご案内します。少人数歓迎です。連絡をお待ちしています。

img_2996-1

10月30日に散策されたメンバーと久徴園管理者

 

 

 

カテゴリー: 久徴園   個別表示

コメントは受け付けていません。