HOME > SSH・SGH > SSH・SGH2020 > 第56回島根県国際教育日本語弁論大会を本校で行いました

第56回島根県国際教育日本語弁論大会を本校で行いました

 9月10日(木)出雲高校で第56回島根県国際教育日本語弁論大会兼第67回「国際理解・国際協力のための高校生の主張コンクール」(作文形式)島根県予選が行われました。

 この大会は、将来を担う高校生に対し、国際理解・国際協力について考えるとともに、自己の主張を発表する機会を提供する趣旨で行われるものです。

 本校からは2年生の浦上慧伍さんが昨年に引き続いて出場し、「私たちは変わる。」という演題でSDGsの推進に向けて落ち着いた堂々とした発表を行いました。

 結果は第2位にあたる独立行政法人国際協力機構中国国際センター長賞を受賞しました。

%e5%bc%81%e8%ab%96%e7%94%9f%e5%be%92

弁論テーマ「私たちは変わる」独立行政法人国際協力機構中国国際センター長賞

 

カテゴリー: SSH・SGH, SSH・SGH2020, 保護者の皆さんへ   個別表示

コメントは受け付けていません。