HOME > SSH・SGH

島根県立出雲高等学校は、文部科学省よりSSH・スーパー サイエンス ハイスクール(2013-2017)、および、SGH・スーパー グローバル ハイスクール(2014-2018)の指定を受けています。
 このたび、1期SSH事業の成果をさらに深化・発展させた2期SSH(2018~2022)の申請に対し、文部科学省から継続指定を受けました。

 

1 出雲高校SSH事業概念

出雲高校SSH事業概念→こちらをクリックしてください

出雲高校のSSH事業では、地域・社会のリーダーとして貢献できる人材の育成を目指しています。
1年次には、「SS探究基礎」、「Basic Science」の授業を通して、論理的に探究する態度と能力、科学的リテラシーの定着を図ります。
2年次には、「SS探究発展A・B」の授業で行う課題研究を通して、1年次に培った能力をさらに深く・確かなものとします。
3年次には、出雲市役所や島根大学、出雲科学館など外部の機関と連携し、2年次の学習成果を社会に発信することで、より良い社会の形成に自ら取り組みます。

 

2 出雲高校SSHの取り組み

s-ssh%e5%86%85

出雲高校SSHの取り組み 画像をクリックしてください

出雲高校SSHの取り組み→こちらをクリックしてください

 

3 2年課題研究ロードマップ

2年課題研究ロードマップ 画像をクリックしてください

2年課題研究ロードマップ 画像をクリックしてください

2年生課題研究ロードマップ→こちらをクリックしてください

 

4 2年課題研究の教材

 4(1) 2年次課題研究「SS探究発展A」、「SS探究発展B」の流れ

出雲高校のSSHでは、1年次に「SS探究基礎」、「Basic Science」の授業を行います。それらの授業により、情報・データの活用能力、論理的な思考力、コミュニケーション能力などの育成を目指します。1年次に培った能力を基礎として、生徒は2年次の「SS探究発展A」、「SS探究発展B」に臨みます。これは2年次の1年間を通してグループ単位での課題研究を行う授業です。生徒たち自身で研究テーマを定め、仮説を立て、仮設を検証します。「SS探究発展A」は普通科、「SS探究発展B」は理数科が行います。

 4(2) 「テキスト」(SS探究発展A・B)  

297812ca-eb30-4171-acb8-7db9714f23ad


 2年次課題研究ロードマップ

こちらをクリックしてください

 

 4(3) 2年次課題研究の流れと使用教材

 下の表にある「STEP」は、「ロードマップ」の上部にある数字と対応しています。

 「STEP0」では、課題研究を始める前に、日頃の気づきや困りごとを視覚化し、研究テーマを考える際の第一歩とします。

 

STEP

テキスト

指導案

ワークシート

STEP0

「日頃の気づきを視覚化する」

   

「Discover Insight Memo」

記入例

参考資料「研究分野について」

STEP1

「班を決める」

STEP1 テキスト  

理数科 分野希望調査用紙

普通科 分野希望調査用紙

STEP2

「テーマの候補を挙げる」

STEP2 テキスト  

研究テーマ決定シート

研究テーマ(候補)記入シート

STEP3

「サブテーマを考える」

STEP3 テキスト    

STEP4

「テーマについて考える」

STEP4 テキスト 第6回SS 指導案

資料相談(レファレンス)シート

入手したい文献等リスト

資料リスト

言葉検索シート

STEP5

「仮説を設定する」

STEP5  テキスト 第7回SS 指導案

研究テーマ(候補)予備調査シート

STEP6

「テーマを一つに絞る」

STEP6 テキスト

第8回SS 指導案

研究テーマ絞り込みシート

STEP7

「予備実験を行う」

STEP7 テキスト    

STEP8

「研究計画を立てる」

STEP8 テキスト 第9回SS 指導案  

STEP9

「調査・実験を行う」

     

STEP10

「結果をまとめ考察する」

     

STEP11

「発表資料を作成する」

    研究レポート評価基準表

STEP12

「発表する」

   

発表評価基準表(教員用)

発表評価基準表(生徒用)

 

 

SSH・SGH

1 / 1212345...10...最後 »
1 / 1212345...10...最後 »