筑波大学朝永振一郎記念第16回「科学の芽」賞において、本校理数科1年生 片岡 嵩皓さんの研究「ついに分析・発見!カタツムリとナメクジの触覚のしくみ」が第一次審査・第二次審査を通過し、奨励賞を受賞しました。

 片岡さんは今年度の日本学生科学賞でも全国入賞を果たしています。これからも「あれっ」「なぜ」という「科学の芽」を大切にし、研究に一層取り組んでくれることに期待します。

 

sizen2

 

 

筑波大学朝永振一郎記念第16回「科学の芽」賞 奨励賞受賞