HOME > SSH・SGH > SSH・SGH2019 > マスフェスタ(全国数学課題研究発表会)参加

マスフェスタ(全国数学課題研究発表会)参加

dscpdc_0001_burst201908241300055538月24日(土)に関西学院大学を会場にして、マスフェスタ(全国数学課題研究発表会)が開催され、本校から理数科2年生5名が参加しました。
マスフェスタは本校と同じSSH指定校である大阪府立大手前高等学校主催の発表会で、今年で11回目になります。
島根県からの参加は本校のみでしたが、北海道からの参加校もあり、全部で38の発表がありました。
数学の課題研究発表を聞く機会は少ないので、このような発表会で全国の色々な数学の課題研究に触れられることは大変有意義な経験になりました。
本校の発表テーマは「コラッツ予想について」でしたが、他の発表校でもコラッツ予想を扱っているところがあり、研究の着眼点や方向性なども改めて学ぶことができました。
今回参加した経験を、参加生徒は課題研究の質の向上につなげてほしいと思います。

 

カテゴリー: SSH・SGH, SSH・SGH2019, 中学生の皆さんへ, 保護者の皆さんへ, 卒業生の皆さんへ   個別表示

コメントは受け付けていません。