HOME > SSH・SGH > SSH・SGH2018 > SSH・SGH研究成果発表会を行いました

SSH・SGH研究成果発表会を行いました

 2月6日(水)に出雲市民会館でSSH・SGH研究成果発表会を行いました。
1、2年生はこれまで研究してきた内容をパワーポイントスライドやポスターにまとめ、相互に発表しあいました。
また、東京大学大学院医学研究科の宮崎徹先生をお招きし、「医療の未来を切り拓くAIMの可能性」を演題にご講演いただきました。
そして、1月に行った海外研修の報告会も行いました。

 1学年の生徒は9月から、2学年の生徒は6月から研究活動を行い、紆余曲折はありましたが、一生懸命頑張り、この日を迎えました。
どの班も堂々と発表しており、これまで研究してきた内容を多くの方に発信できたのではないかと思います。

宮崎徹先生による講演会dsc05805

 

 

 

 

宮崎徹先生による講演会  2年生理数科によるステージ発表

dsc05828dsc05855

 

 

 

 

2年普通科によるステージ発表 海外研修の報告

dsc05897

 

 

 

1、2年生によるポスター発表

【午前の部】

・基調講演 講師:東京大学大学院医学研究科 宮崎徹氏 『医療の未来を切り拓くAIMの可能性』

・2年理数科3グループによる課題研究ステージ発表

【午後の部】

・2年普通科3グループによる課題研究ステージ発表

・海外研修参加報告(サンタクララ、シンガポール)

・1,2年生ポスター発表

カテゴリー: SSH・SGH, SSH・SGH2018, 学校生活, 学校生活2018, 理数科, 理数科2018   個別表示

コメントは受け付けていません。