HOME > 久徴園 > 久徴園の草花[6月]2020

久徴園の草花[6月]2020

久徴園の草花6月は、
果実?のようなものがたくさんぶらさがっている、イスノキから紹介します

%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%8e%e3%82%ad%ef%bc%91 %e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%8e%e3%82%ad%ef%bc%92

【イスノキ(マンサク科)】
 久徴園の山頂広場付近のイスノキに少し変わった実?のようなものがたくさんぶら下がっていました。
これは、昆虫の産卵や寄生により、植物の一部が異常に成長してできた虫こぶ(虫えい)と呼ばれるものです。
イスノキはアブラムシ類の寄生を受けやすい樹で、葉や実にこのようなコブができます。
その形もアブラムシの種類によって違いがあり、ハート型やイチジク型と様々あります。
また、イスノキは別名を「ヒョンノキ」といい、穴(すでにアブラムシが脱出した跡)を笛のように吹くとヒョウと音が出ることによります。
久徴園のイスノキの根元に穴の空いたものがいくつか落ちていました。
緑色で穴のないものは中にまだアブラムシが住んでいます。(a)
アブラムシが集団で作る様々な型に驚かされます。

【すべての画像は、クリックすると拡大できます。】

s-img_1852

ブラシノキ(オーストラリア原産)

s-img_1885

フェイジョア(南米原産)



s-img_1910

キンシバイ

s-img_1915

キリンソウ

s-img_1876

ナツツバキ

s-img_1861

ヤマボウシ

s-img_1859

ヤマボウシ

s-img_1853

サルスベリ

s-img_1799

クルメツツジ

s-img_1825

ザクロ

s-img_1902

ヘメロカリス

s-img_1864

ウメ

s-img_1925

スモモ

s-img_1926

ヤナギイチゴ

s-img_1811

ホタルブクロ

s-img_1821

ヤマアジサイ

s-img_1847

タカサゴユリ

s-img_1798

シモツケ

s-img_1802

カタバミ

s-img_1848

キョウガノコ

s-img_1831

ハナショウブ

%e3%82%a6%e3%83%84%e3%83%9c%e3%82%b0%e3%82%b5

ウツボグサ

%e3%83%9f%e3%82%be%e3%82%bd%e3%83%90

ミゾソバ

s-img_1818

ムラサキツユクサ

s-img_1896

ベニシジミ

s-img_1921

オオバキボウシ



s-img_1836

満開のヤマボウシの下でlunchtime

s-img_1838

1号館と2号館の間の渡り廊下でlunchtime

 

カテゴリー: 久徴園   個別表示

コメントは受け付けていません。