HOME > 久徴園 > 久徴園の草花2月(2021)

久徴園の草花2月(2021)

 春に美しく咲くといわれる『春の妖精』たちが、久徴園入口のロックガーデンに次々とお目見えです。

 久徴園の草花2月は春の妖精といわれるセツブンソウから紹介します。すべての画像は拡大できます。

%e3%82%bb%e3%83%84%e3%83%96%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%82%a6

セツブンソウ

[セツブンソウ]

セツブンソウは、関東以西の明るい林内に生える多年草で、名前のとおり節分の頃に開花し、深く切れ込んだ葉の形が特徴的です。5枚の白い花弁に見えるのは萼片で、花弁はおしべよりも短い中心の黄色の部分になります。高さ5~15㎝の繊細で小さなセツブンソウ。花の時期はとても短いですが、種から芽が出て花が咲くまで3年はかかるようです。現在、久徴園には「春の妖精」と呼ばれる植物(ユキワリイチゲ、ミチノクフクジュソウなど)が少しづつ咲き始めていますので、是非ご覧ください。(a)


img_3437

ミチノクフクジュソウ

%e3%83%a6%e3%82%ad%e3%83%af%e3%83%aa%e3%82%a4%e3%83%81%e3%82%b2

ユキワリイチゲ

 


 

img_3456

ミヤマカタバミ

img_3438

トサミズキ

img_3446

フキノトウ

img_3464

ワビスケ

img_3467

ノシラン

img_3442

ウメ

img_3462

キッコウチク



2月17日~19日の雪の久徴園

img_3419

中庭の様子

img_3425

ロックガーデン

img_3428

久徴会館



img_3421

朝の登校風景

img_3422

3年生の作品でしょうか?

カテゴリー: 久徴園   個別表示

コメントは受け付けていません。