HOME > SSH・SGH > 2年課題研究 > 令和2年度 鳥取西高等学校課題研究成果発表会に参加しました

令和2年度 鳥取西高等学校課題研究成果発表会に参加しました

 2020年11月6日(金)、「とっとりグローバルハイスクール」(協同的・探究的な授業実践およびグローバル人材育成重点校)である鳥取県立鳥取西高等学校を会場に課題研究成果発表会が開催され、本校2年の生徒11名が6月から取り組んでいる課題研究の現段階の内容についてステージ発表を行いました。

 当日は、鳥取西高等学校の生徒の皆さんをはじめとして多くの方が聴講してくださいました。生徒たちは当初は緊張しておりましたが、堂々と発表することができました。また、生徒たちは鳥取西高等学校の研究発表を聴講し、「自分たちの思いや考えを形にし、それを行動に移していて良かった」「プレゼンが上手く、魅力的だった」などと感想を述べ、研究の内容やプレゼンテーションの仕方などについて刺激を受けました。
 この発表会に参加したことで、生徒たちは地域社会へ発信する意欲が高まったとともに、今後の研究をより一層発展させる良い機会となりました。貴重な機会を提供いただきました鳥取西高等学校の皆さまに感謝申しあげます。

 なお、発表したグループの研究テーマは以下の通りです。

多7A「言語資料から古代の出雲の社会を浮かび上がらせる」

多8D「出雲市内に住むブラジル人により親しむには?~ブラジル料理を日本人好みにアレンジすることはできないか?~」 

dsc01045dsc01053

 

 

 

 

 

dsc01060dsc01071

カテゴリー: 2年課題研究, SSH・SGH, SSH・SGH2020, 中学生の皆さんへ, 保護者の皆さんへ, 卒業生の皆さんへ, 在校生の皆さんへ, 地域の皆さんへ, 学校生活, 学校生活2020   個別表示

コメントは受け付けていません。