HOME > SSH・SGH > 第2回SSH・SGH教員研修会を行いました

第2回SSH・SGH教員研修会を行いました

 11月28日(月)、今年度第2回目のSSH・SGH教員研修会を行いました。今回は岩手県立総合教育センター主任研修指導主事の鈴木徹先生をお招きし、「アクティブ・ラーニングをより効果的に機能させるために」と題して、教員参加型の講義・演習を行っていただきました。

 この日は、本校の全ての教員に加え、島根県教育委員会、県内高等学校・特別支援学校、市内小・中学校からも多数の希望者が参加し、AL(アクティブ・ラーニング)とは何か、なぜALが必要なのか、授業改善をどのように進めればよいかなど、鈴木先生のこれまでの実践を踏まえて、より具体的に教えていただきました。

 参加者からは、生徒の多様な能力評価について、あるいはALを進めていくための雰囲気づくりなど、たくさんの質疑応答が交わされ、充実した2時間となりました。授業後の参加者の感想からは、ALについてより具体的な方法のヒントを得た、あるいは授業改善に向けて意欲がわいたなど、意欲的な意見が数多く聞かれ、これからの生徒の主体的な学習活動の推進に向け、大変有意義な研修会となりました。

 本校ではSSH・SGH事業を通して、課題研究を中心とした、生徒の主体的・対話的で深い学びのあり方を追究しています。今後も更なる「教科のSSH・SGH化」を積極的に進めていきます。

dsc03489 dsc03494

カテゴリー: SSH・SGH   個別表示

コメントは受け付けていません。